人間関係に悩んでいる人~子供時代~

物事に思い悩み、不安や不満を感じていても「人生とはこういうものだ」と割り切ってしまう人はどのくらいいるのでしょうか。もしも「みんなこのような苦悩を感じているのだから気にすることはない」と自分の気持ちを押し殺しているとすればそれは間違いです。

あなたが感じている疑問を改めて考えてみることで、もっと楽しく生きていくことができます。機能不全家族の中で育ってきた子供は、ありのままの自分を受け入れてもらえないと思い込み、共依存して生きていくようになります。ここでは、健全な家族との違いを理解し、人間関係に悩んでいる人に向けた解決策を紹介していきましょう。

機能不全家族で育った人の共通点とは

  • 嫌な要求をされても断れない
  • 何事も全ての責任は自分にあると考えてしまう
  • 自分のことは後回しにしてしまう
  • 自分の意見や要望を表現できない
  • 誰かに必要とされていないと不安になったり寂しいと感じたりしてしまう
  • 自分がやりたいことがよく分からない
  • 自分を好きになれない

上記の項目に一つでも該当する場合は、機能不全家族という環境で育ってきた可能性が高いでしょう。子供が健全な精神をつくり上げるためには、温かな愛情と安心を与えられることが必要になります。この要素を親の何らかの問題によって不完全になった家庭を「機能不全家」と言います。

親の問題は子供の精神に直結する

親が問題を抱えている中で育った子供は、その問題を助けよう、解決させようと頑張ります。また自分が役に立たなければ、世話をかけないようにしなければと必死になることでしょう。中には、親に見捨てられないよう親の期待に一生懸命応えて愛されようとしたり、無意識に病気になってしまい家族がバラバラにならないよう努力したりする子もいるようです。

こうすることによってこの子供たちは「ありのままの自分」では受け入れてもらえないと自然に思い込み、共依存しながら生きていくようになってしまいます。アダルトチャイルドもまた、機能不全家族で育ち心に傷を負ったまま大人になった人のことを言います。

健全な家族のルール

完璧な家族はこの世に存在しませんが、機能不全家族が持つ問題は似たようなルールを持っていることが分かります。ですからそのルールをひっくり返したルールに向き会うことができれば、共依存せずに良好な人間関係が築けるようになるでしょう。

  • 問題があれば話し合う
  • 自分の感情を素直に表現する
  • 言いたいことを相手に直接言う
  • 自分自身の目標を持ち、うまくできなくても気にしない
  • 自分のことを一番に考える
  • 言動を一致させる
  • 大いに喜び、大いに楽しむ
  • 変化を前向きにとらえる

ここでいう健全な家族とは問題のない幸せな家族ではありません。例え問題に直面したとしても、オープンに話して乗り越えられる家族のことです。自分の素直な気持ちを誰かに話すことで、自分を認めることにつながるでしょう。

まとめ

これまで正反対のルールで育ってきた人にとって、この作業を実践することはとても勇気のいることかもしれません。すぐに取り組めなくても、恐れたり不安に思ったりする必要はないのです。自分を十分に褒めて少しずつ実践していくだけでも、新しいことにチャレンジしていることにつながるでしょう。

快眠サイクルを整えるには?

睡眠の役割は心と体の休息です。日中、様々な活動をして疲れた体を夜寝ることによって疲れを取ることが睡眠の役割なのです。睡眠中には、体温やホルモンの分泌の調整をしたり、記憶や感情の整理、免疫系、自律神経、体のメンテナンスなどが行われています。

睡眠時間は人それぞれです。短時間の睡眠でも大丈夫というショートスリーパーや、1長時間寝ないとスッキリしない長時間睡眠の人などがいます。一般的には6~8時間の睡眠が良いとされています。

朝起きた時に疲れが取れない、日中眠くなるなど眠りの悩みは大きく分けて5つあります。

  1. 寝付きが悪い
  2. 眠りが浅く途中で目が覚める
  3. 早く起きてしまう
  4. 熟睡できない
  5. 朝起きてもボーっとしている

睡眠不足になると、集中力が低下しイライラしたり、冷え、肩凝り、頭痛、血圧や血糖値の上昇、うつ状態になりやすいなどの症状も現れやすくなります。

●メラトニン
メラトニンは眠りをよくするホルモンですが、光が当たると減るという性質があります。19時くらいになるとメラトニンは再び上昇します。朝起きて、太陽の光を15分以上浴び、日没後は電気の光でメラトニンを減らさないようにすることが快眠サイクルを維持するポイントとなります。

メラトニンは、トリプトファンというアミノ酸で合成されます。肉、魚、大豆製品を意識して食べるとメラトニンの分泌をサポートすることができます。

●体を冷やさない
眠れない時は、手足が冷えて脳の温度が上がっている状態を指します。そのため、足を温めて頭を冷やすと良く眠れるようになります。また、バスタブにしっかり浸かり体を温めておくことで自律神経も整いぐっすり眠れるようになります。

●規則正しい生活
休日でもなるべく普段と同じ時間に起きて部屋を明るくすると、快眠サイクルを維持することができます。それから、就寝前にベッドにスマホを持ち込んで遅くまでスマホ画面を見ていると、脳が起きてしまいます。寝る前はゆったりとした気分になるように、照明を落としてリラックスすることが大切です。

●ノンレム睡眠
レム睡眠とノンレム睡眠は、眠ると90分周期で現れて朝方に向かってレム睡眠の割合が増えてくると言われています。そのため、睡眠時間を6時間、7時間半、8時間半のいずれかにして目覚まし時計をセットしておくとスッキリ起きることができます。目覚まし時計の音が苦手という場合は、光目覚まし時計を時計を使うと自然に目覚めることができます。