スティーブ・ジョブズの行っていた瞑想の効果とは?

ストレスがあると同じことをしてもより疲れてしまいますので、ストレスはできるだけためないようにしていきたいですよね。時間は限られているので他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない、などの名言で有名なアップル社の創業者、スティーブ・ジョブズ氏も実は人生をよりよく過ごすために瞑想を行っていたといわれています。

そこで、スティーブ・ジョブズの行っていた瞑想の効果についてご紹介してみたいと思います。瞑想とは心を静めた状態で神様にお祈りしたり、何かに心を集中させたりして無心になることをいいます。瞑想をする時には目を閉じて深く静かに思いをめぐらします。

そんな瞑想には大きな恩恵をもたらす効果があるとされていて、集中力や行動力を高めてくれるという効果があるといわれています。ワシントン大学で行われた瞑想に関する研究では、瞑想によって生産性の向上につながり、集中しやすくするなることが明らかとされました。

スティーブ・ジョブズ氏は、捉えにくいものの声が聞こえるようになったり直感が花ひらくと瞑想の効果について語っています。つまり、描くビジョンが明確になって、それを実現するためのパワーも得ることができるというメリットが瞑想にあるといえます。

同時に瞑想にはリラックス効果もあり、現実にあるマイナスの感情やエネルギーなどをリセットできるところもメリットだという人もいます。つまり、先の見えない不安などの負の思いを気持ちの上でリセットすることができるということといえます。瞑想後は気持ちが軽くなり、エネルギーを得ることができるということなのです。

瞑想には心身の健康を回復させてくれたり、質のいい睡眠をとれるようになったり、悩みが減ったり、仕事効率が上がるといったプラス効果や、脳がより活発に活動することができるようになるといった効果があるのです。

瞑想を行った人は、どんなにネガティブな気持ちをもっていても瞑想をすると自身の受け取り方が変わってきて、この効果が計り知れないほど大切だという感想をもっている人もいます。この効果だけで瞑想を続ける時間を費やす価値は十分あるということなのです。

瞑想には多くのメリットがあり、スティーブ・ジョブズ氏が瞑想を行っていたのはこれらのメリットが得られて、人生をよりよく生きることができるという理由があるからではないでしょうか。

疲れたと思った時にはスティーブ・ジョブズ氏のように瞑想にチャレンジしてみるのはおすすめです。