予約してみる

ものは試し。悩まされ続けている肩こり、頭痛から少しでも開放されることが出来ればと

カルナーキュアの施術を試してみることにしました。

 

ホームページの予約フォームから、名前や連絡先を入力して予約。

店舗は新宿、渋谷、秋葉原の3店舗ありました。

 

私は仕事帰りにも立ち寄れる新宿店に行ってみることしました。

日々、仕事に忙しく追われている身としては、希望の時間や予約希望店舗が選べるのは

嬉しいところです。

 

身体のメンテナンスのためにと、他にも色々なマッサージサロンを調べてみましたが

自宅から離れすぎていたり、仕事帰りに立ち寄れず、時間が合わなかったりして断念してしまうこともありました。

 

カルナーキュアさんはその点の心配もなく、スタッフに対しての要望を出すことも出来ました。自分の悩みを話しやすいように、出来れば年代の近い女性だと嬉しい、と希望を出してみました。

また、予約フォームには依頼理由などを入力することが出来たので、自分の肩こりや頭痛に悩まされている状況を記入して、送信しました。そして、少し時間を空けて、早速、メールで予約確認の連絡がありました。

 

カルナーキュアについて知る

そんな時にカルナーキュアと出会いました。

 

インターネットで自分と同じような症状を解消してくれるようなサービスを探している時でした。カルナーキュアが提供しているハンドセラピーについて知ったのです。

 

また「オキシトシン」というホルモンや「スウェディッシュマッサージ」について知ったのもこの時でした。

「オキシトシン」は“幸福ホルモン”あるいは“愛情ホルモン”と呼ばれるそうです。

 

調べてみると色々なことがわかりました。なんでも「飼い主とペットが触れ合うことで、双方ともオキシトシンが分泌される」という研究チームによる論文が筑波大学より発表され、アメリカの『サイエンス』誌に掲載されました。今年4月以降、このこときっかけにオキシトシンの名前は脚光を浴びたそうです。

 

人同士の簡単なスキンシップやボディタッチなどでも分泌されると言われるオキシトシンは、心身のバランスや、ストレス耐性などに影響するという性質を持っています。オキシトシンの分泌が活性化すると、幸福な気分をもたらせると共に、脳や」心が癒されて、ストレスが緩和します。

また、抱えている不安や恐怖心が減少して、自分以外の他者を信頼する気持ちが増します。

 

セロトニンが持っている効能に加えて、他者との関わりついての気持ちが前向きになることまた、特に肉体的な接触がホルモン分泌に関わっていることが、オキシトシンの特徴のうようです。

カルナーキュアと出会うまで

私は、半年ほど前から、仕事中の頭痛や肩こりに悩まされてきました。

仕事は主にデスクワークで、事務職で仕事をしています。

月に定期的に商品であるOA機器を運ぶ積み下ろし作業をするため、1年ほど前から肩こりに悩まされてきました。

 

それは仕事終わりの帰り道、通勤電車の吊革をつかもうとした時に、腕から肩にかけて

ズンとした重たさを感じたことから始まりました。

 

その日から、仕事でコンピューターに向かっているときや、運動をする前後に、肩がこるようになり、ひどい時には頭痛が起こるようになりました。

 

友達に打ち明けてみると「仕事の疲れやストレスが原因なのではないか」と指摘されました。

 

そして、仕事が忙しくなり、疲労が重なっているにも関わらず、夜、目が冴えてしまって眠れなくなることもしばしばありました。

 

仕事や私生活に支障をきたし始めてきたので、無視するわけにはいかず、近所にある、もみほぐしのマッサージに通ってみたりしました。また、薬局で相談しては、疲労に効くといわれる漢方薬を試してみたりもしました。こうして私の肩こり、肉体疲労との格闘が始まりました。

 

定期的にマッサージに通い始めて、全身をほぐしてもらうと、確かに疲労が取れました。

しかし何度通っても、いつもその時だけしか良くならずに、数日経つと、また肩こりや頭痛が始まり、堂々巡りで、時間とお金ばかりが掛かってしまっていました。