人目が気になったり、緊張するのはなぜ?

自分は他人からどのように思われているか?とても気になると感じている方も多いでしょう。やはり、一目が気になったり、人からどう見られているか気になるのは、精神的な部分も大きな要因とも言えます。やはり、色々と人目を気にして日常生活を過ごしていると、ストレスを感じることになり、緊張感をずっとキープすることになるため、ストレスにより色々な病気や私生活にも大きな支障がでてくることもあります。

人目が気になったり、緊張感を常に感じている方は、ネガティブ思考・人への依存度が高い・自尊心が低い・病気の場合もあるなど、様々なことが原因に挙げられます。また、改善策としては、熱中できるものを見つけたり、人から好かれようと思わず、人からの評価をサラっと流すなど、上手に流すことも必要になります。

昔の経験からネガティブ思考に成るケースもあり、人からバカにされたり笑われたり苦しい経験があると、ネガティブ思考になり人目が気になるようになることが多々あります。依存心が強い方も人から良く見てもらいたいと思い、人目を気にする生活スタイルになることが多々あります。自尊心が低いと自分の評価を下げてしまうため、必要以上に劣等感を抱くこともあり、なかなか自分に自信が持てないと感じることで人目を気にするようになります。精神的な病気の場合には、人目を気にする傾向が強くなることがあります。視線恐怖症・非定型うつ病 ・社会不安障害など、きちんと医師に相談して診断してもらうことが何より大切になります。

人はだれしも不安な部分は持っていますが、その不安な気持ちが強くなることで人目が気になり、緊張感が常にあるようでしたら、それは私生活にも支障をきたしますし、しっかりとケアしていくことが大切になります。自分らしく生きていくためには、人目を気にせずイキイキと生活していくことが何より大切になります。

自分の思い込みだけで、人はさほどあなたのことを気なっていないということも多々あるため、ご自身の思い込み部分が大きくなっていることが原因になっていることが大きいです。皆から好かれたいと思い八方美人になったり、嫌いなタイプの方と積極的に交流するなど、自分の気持ちを抑えすぎたり無理することでストレスを大きく感じてしまうこともあります。また、自分自身をありのまま受け入れ、人からの評価をあまり気にしないことで精神的に楽になり、毎日の生活もイキイキと過ごせるようになります。

オキシトシンが不足するとどうなる?

幸せホルモンと呼ばれているオキシトシンは、ハグをすると分泌されると言われています。
オキシトシンは、脳の視床下部内で合成され、2つの経路で2つの働き方をします。
1つ目の働きは、ホルモンとしての働きで、血液を通して脳以外の全身に働き、主に平滑筋に作用します。

神経線維内を移動し、脳下垂体後葉に行き、そこから血液中に分泌されます。絵付け器中に分泌されたオキシトシンは、分娩を促進させたり、授乳を促進させるなどの働きをします。
2つ目の働きは、脳内における神経伝達物質としての働きです。情動などを司る大脳辺緑系や、側坐核を中心に脳内に広く伝わります。

オキシトシンの受容体は、中枢神経、子宮、乳腺だけでなく、腎臓、心臓、胸腺、膵臓、脂肪組織などでも確認されています。

スウェーデンは、オキシトシンが持つ効果にいち早く注目した国です。体に触れることによって増えるオキシトシンを医療に応用する取り組みが行われているのです。
例えば、スウェーデンの保育園や幼稚園などでは、タッチケアが行われています。タッチケアを行うことで、子供の情緒が安定し、問題行動や乱暴な行動が減るとされています。

オキシトシンは、人と人との信頼関係をより強める物質なのですが、個人の中では認知機能を高めるという効果もあります。
因みに、ザラザラした表面を触るよりもツルツルした表面を触った方が、オキシトシンが出やすいという研究結果も出ています。
普段、着る服や使用する寝具などは、なるべく触り心地のよい素材のものを使用することをおすすめします。

愛情表現が低下した老夫婦でも、手を繋いで散歩するだけで、オキシトシンが分泌されて、明るい気分になったり脳が活性化されて前向きな気持ちになります。

体に慢性の痛みを抱える人に、触ってあげるだけで体が楽になり症状が軽くなったという症例もあります。
オキシトシンには他にも、血圧を安定させたり、心臓の機能を高めるといった効果もあります。

オキシトシンを増やすには、人との触れ合いが一番です。恋人や友人と手を繋いだり、ハグをするといったスキンシップや、一緒に食事をしたり、お喋りをしても分泌されます。
自分自身を触れることでもオキシトシンを増やすことは可能です。

オキシトシンは、1回分泌されたからOKというものではなく、頻繁にコミュニケーションを取って、接触することに意味があります。
だからといって、事務的にハグをしたり手を繋ぐのでは効果的ではありません。相手を思いやる気持ちを忘れずに触れ合うことが大切です。

スウェーデン式マッサージとは

スェディッシュマッサージは、アメリア・欧州で行われているマッサージの基本と言われてます。痛みや揉み返しのない安心・安全なボディケアで、全身の痛みや凝りを緩和することができます。約200年ほど前に、スウェーデン人のパー・ヘンリック・リンという医師が筋肉を解すための療法として行ったのが始まりだとされています。
単に、体の凝りを解すだけでなく、リラクゼーション効果や、スポーツ選手のパフォーマンス向上などにも用いられています。
最近では、幸せホルモンと呼ばれているオキシトシンの分泌を促進することで注目されています。

スェディッシュマッサージは、オイルを少なめに使用します。好みのアロマが配合されたオイルを使用することで、リラックス効果も高くなります。
道具は使わず手だけけで行います。手に取ったオイルは、直接体に塗らず手で温め馴染ませてから施術を始めます。
首のミルク絞りという手技は、肩こり、首の痛み、頭痛、眼精疲労などに有効なテクニックとなります。
両手を使って首の付け根から後頭部に向けてゆっくりと手を滑らせていきます。牛の乳絞りのような感じで、左右の手を交互に滑らせて、首の凝りを解していきます。

腰から上の45度のフリクションは、腰の痛みや背中・肩の凝りに有効なマッサージです。

手の指を組み合わせて脊髄に対して45度の角度を取り、脊柱の際から首の付け根に向かって起立筋を中心に円を描くようにマッサージを行います。
マッサージを行う時の力加減は、手ではなく体重を使って調整します。肩周辺のマッサージは、四十肩などの肩の障害に有効なテクニックとなります。

フィンガーハローという手技は、親指をX字型に組み、ふくらはぎの正中線上に置き、両方の四指でふくらはぎの側面をマッサージするというものです。
足の疲れ、むくみ、リンパの流れ改善に有効な手技です。

スウェディッシュマッサージでは、他にも様々な手技があり、体の不調に合わせて効果的に行われます。
マッサージすることで、背骨に沿って発達している自律神経が整って、乱れていたホルモンバランスが整うといった効果もあります。

スウェディッシュマッサージを勉強して、家族にマッサージをしてあげることで、心のケアも行うことができます。
日本でも、スウェディッシュマッサージを取り入れているサロンが増えてきましたので、揉み返しが苦手な人は是非試してみてはいかがでしょうか。
スウェディッシュマッサージの効果は約1ヶ月も続くと言われていますので、コスパ的も良いマッサージです。

カルナーキュアの店舗について知る

仕事で疲れてしまった…、ストレスが溜まっているといった場合には、何らかの方法でそれらを発散することが必要です。趣味に打ち込んだり遊びに出かけたりなど様々な方法がありますが、実はカルナーキュアに行くというのもおすすめの方法です。これこそ本当の休息の体験だからです。

 

カルナーキュアの店舗は現在3店舗ありますが、新宿店、渋谷店、秋葉原店があり、いずれも最寄り駅からすぐ近くにあります。癒されに行くはずなのに駅から凄く歩いて疲れてしまった…という事態を防ぐこともできるでしょうね。

 

まず新宿店ですが、最寄駅は新宿駅で南口から歩いてたった2分という最高の立地です。新宿付近に住んでいる人、勤務先が近い人だけではなくて、休日に新宿に買い物に行く人にも重宝されています。甲州街道沿いに位置しているので分かりやすくなっています。

 

続いて渋谷店ですが、渋谷駅から徒歩3分の距離にあります。渋谷警察署が目と鼻の先にありますので目印になりますね。

 

そして秋葉原店は最寄駅の末広町駅から徒歩1分。秋葉原駅からも歩ける距離にありますから様々な路線を使って向かうことができます。

 

いずれも営業時間が14時からとなっており、公式サイトには「14時~Last」までと書かれています。遅い時間までやっているようなので、仕事終わりに駆け込むことも出来ますね。

 

脳を癒すマッサージと謳っていますが、実際に施術を受けるまではいまいちピンと来ないかもしれません。でも一度でもカルナーキュアに行くことがあれば、その意味をしっかりと理解することができるはずです。心から体が休まるというのがどういうことかを知ることができるでしょう。

 

施術料金は1セットが1時間で税別8千円で、延長も30分単位で可能です。ただし1セットのみ施術につき延長は1時間までのようです。他のリラクゼーションサロンやマッサージ店とは全く異なっているにもかかわらず、料金は1時間8千円。これは驚くほど安いと言えますしお試し感覚で通ってみるのもありかもしれません。

 

新宿、渋谷、秋葉原に気軽に遊びや買い物に行くついでに、カルナーキュアで是非施術してもらうことをおすすめします。

カルナーキュアの施術について

カルナーキュアには、カラダのコリをほぐすことが目的の一般的なマッサージ店やリラクゼーションサロンとは全く違うこだわりがあるようです。

 

カルナーキュアの施術でも、もちろん体の痛みを抑えたりコリをほぐす効果を得ることができますが、より重視しているのは「心の底から幸せを感じられるようになる」「より深い休息の時間を過ごすことができる」といった精神的なリラクゼーションの追求です。

 

そのために取り入れられているのがマインドフルネスのメソッドやスウェーデン式ハンドセラピーで、マインドフルネスは世界的な企業に多く取り入れられていますし、スウェーデン式ハンドセラピーはヨーロッパでは医療行為に位置付けられているものです。ということは効果が実証されているということですよね。

 

実際に受けてみたところ、施術のメインはオイルを使ったハンドマッサージと背中を包むようなやさしいタッチケアによるものでした。

 

人間にとって手は、第二の脳と呼ばれるほど非常に大切な部分です。この手に施される繊細な刺激が脳に伝わり、癒しのホルモン、幸せホルモンなどと呼ばれるセロトニンとオキシトシンが分泌され、それによって多くの不定愁訴やカラダの緊張、コリが改善、そしてさらに心の安らぎがもたらされるのです。背中へのタッチケアは、いわゆるマッサージとどう違うのか、ちょっと想像がつかないかもしれませんが体験してみるとわかります。力任せの施術ではなくて、脳科学をもとに考えられたものなので、我々が今までに体験したものとは全く別物といってよいでしょう。とても穏やかな気持ちになる、ここち良いものでした。

 

香りが人間に影響を与えることは有名ですが、カルナーキュアではアロマの香りも活用されていて、嗅覚を使っての癒しも実現させています。また、店内には自然音による癒しのための音楽がかけられていて相乗効果を感じましたし、店内の雰囲気や装飾、照明も、とても深くくつろげるものでした。

 

施術の後には、好みのハーブティを出してくれます。飲むと体の中からもじんわりと癒されました。この時のセラピストさんからのアドバイスや雑談も良かったです。

 

日常的になりすぎて感じにくくなっている人も多いようですが、現代社会において人間は常に多大なストレスを受けていて、それは蓄積されています。できるだけ溜め込まずにケアする必要が誰にでもありますが、その際に活躍するのがカルナーキュアの施術だと思います。

 

なかなか取れない疲れや不調がある人、最近元気が出ない、毎日が楽しくない、そんな人はぜひ体験してみてください。

カルナーキュアを利用してみて

1時間の施術を終わってお店を出たら、すっかり身体が軽くなってました。

 

そして感動したのは、ハンドマッサージやタッチケアを受けている時から

段々と、肩こりや頭痛が消えていったこと。

 

振り返ってみると、ハーブティーを飲み、アロマやヒーリングの音楽を聞き、徐々に気持ちがリラックスしていくうちに、精神的にも癒やされて軽くなっていった気がします。電車に乗って帰る途中でも、ハンドマッサージをしてもらった時の手の温かみが続いて、家に着くまでの間、気持ちまでも温かいまま、ホッとしたムードが続きました。

 

これまでに自分が体験したもみほぐしのマッサージなどと比較すると今回経験したカルナーキュアの施術は質が違いました。

 

やはりオキシトシンマッサージと謳われているだけあってホルモンの分泌が促されるよう、ハンドマッサージやタッチケアにはかなり力を入れていると感じました。また、身体的なコリをほぐすだけでなく、精神的な部分の癒やしにもなっていると感じました。

 

今回は、予約した時の要望通り、同年代の女性が施術を担当してくれました。ハンドマッサージの最中、リラックスした雰囲気で、担当の方と昔からの親しい友達のようにたくさんお喋りをしました。

 

仕事のことやプライベートの事など。話しているうちに溜まっていた気持ちのつかえが取れたような気がして、段々と気持ちが爽快になってきました。

疲れやストレスで気持ちまで塞いでしまっていたのだなと思い知らされました。

 

すっかりカルナーキュアのサービスが気に入ってしまった私。また行ってみたい!

リピーターになりそうです。

 

■カルナーキュアのお客様レビュー

施術を受けるうちに、心のバランスが戻ってきました

原因が分からない不調を抱えていて、病院に行っても不調がどうして起こるのかこれといった原因がはっきりしませんでした。
疲れがたまっているのかもしれないと思い、ハンドセラピーで評判のカルナーキュアで施術を受けてみることにしました。

店内もとてもリラックスできる雰囲気で、施術を受けているうちにだんだんと気持ちが軽くなってきました。
施術を受けているうちに心のバランスが取れてきたような気がして、だんだんと不安な気持ちが取れていったのがとても不思議でしたが、とてもリラックスできました。
もしかしたら精神的な原因で知らず知らずのうちにストレスを受けていたのかもしれません。

そして、心が不調になっていたことで身体も不調になってしまっていたのかもしれません。ここに来てよかったと思います。

不安な気持ちが少なくなっているようです

何かずっと不安だったのですが、カルナーキュアでマッサージを受けるようになってそんな不安になることがずっと少なくなりました。
ずっと付き合っていた人と破局をしてしまったことが原因で人と会うのが嫌になってしまい、引きこもりがちになってしまいました。

人と会うのがおっくうで、それもストレスになっていました。仕事も忙しくて、休日はいつもぐったりでした。

いつものように検索をして過ごしていると、カルナーキュアを見つけました。その頃、ちょっと心に大きな隙間ができたような感じで、ぽっかりとした喪失感があって、
無気力になったりやる気が出ないことが多かったので施術を受けることにしました。

色んなことがあって、心が緊張した状態だったんだと思いますが、施術を受けて、何だかぽっかりとした心が温かくなったんです。
ハンドセラピーを通して、パワーをもらえたような気がしていて、心が元気になれたことがすごくありがたかったです。

カルナーキュアで施術を受けるうちに不安な気持ちもだんだんと少なくなっていって、前向きなパワーが心に満ちていくような気がしています。
前より毎日が充実してきたように思え、パワーをもらえたことで以前よりもポジティブになることができました。

心身ともにリラックスでき、活力を貰える

あまり激しいマッサージが得意ではなく、優しさ重視でゆったりとした空間で癒されたいという願望を持っていた私にとって、カルナーキュアの施術は相性がピッタリでした。

まず気に入ったのはサロンの内装ですね。どちらかと言えば賑わってガヤガヤした地域にありますが、
一歩サロンの中に足を踏み入れてみるとまさに異空間。ラグジュアリーさとカジュアルさをミックスさせたような居心地の良い空間です。
施術はハンドマッサージを基本として、背中のタッチを受けることもできます。

BGMは水が流れるサラサラとした音や小鳥の囀りで、まるでリゾート地でのんびり過ごしているような錯覚に陥ります。
香りも優しいですし、出してもらえるハーブティーもホッとできる味と香りです。
そしてもう一つ楽しみにしているのが、スタッフの方と会話する時間です。

とにかく優しく、包み込むように話を聞いてくれるので、これ以上にないというほど安心できて安らぎます。
心身ともにリラックスできる環境に身を置けるので、翌日以降のモチベーションが自分でもびっくりするほどに向上しますし、
カルナーキュアに足を運んだ翌日、上司から「何か良いことでもあったか?」と聞かれたこともありました。

カルナーキュアの他の「ハーブティー」「アロマ」「ヒーリング音楽」

また、マッサージの間に、ハーブティーを飲ませてもらえました。

ハーブのふんわりとした匂いが口の周りに広がり、癒やしムードが深まります。

 

ハンドマッサージ、背中のタッチケアをしてもらい、温かいハーブティーが喉を通っていく。

皮膚の周りだけでなく、身体の芯まで温まって、頭がボーッとしてきました。

 

マッサージ中に担当の方が話しかけてくれて、気がついたら私は、自分の肩こりや頭痛の事だけでなく、仕事のことやプラベートのことなどをたくさん話していました。

 

身体も気持ちもリラックスしてるから、自分が感じてる日常の些細なことに対して

気持ちを塞いでしまっていたのだなと気付きました。

 

 

マッサージを行っている部屋には、水温や鳥の声などの環境音が流れていました。

また、アロマの香りが空間いっぱいに広がっているおかげで、気持ちがうっとり。

 

まるでどこか静かなリゾート地でマッサージしてもらっているような感覚に陥りました。

 

カルナーキュアの他の「タッチケア」

また、ハンドマッサージだけでなく、タッチケアと呼ばれる背中に触れるケアもしてもらえました。私は肩こりだけでなく、背中も固く、柔軟性がなくなってしまっていたので

これも助かりました。

 

こちらも教えてもらったところ、背中は全身の筋肉や、は胃腸などの臓器のツボが集まっている場所だそうです。そして、背中の痛みは、自律神経と密接に関係してると言われ、ストレスが過度に溜まると、背中に痛みがくることもあるそうです。

 

また、子育てをされた方は、こんな経験をしたことがあるかもしれません。子供が興奮してしまって、なかなか寝てくれない。そんな時に、背中を直接さわってマッサージすることで、赤ん坊の気持ちを鎮めて寝付きを良くする。

 

この赤ん坊の例を見ると、背中へのタッチ、マッサージが

人の心身にとって、いかに安心や癒やし効果をもたらすかが良くわかります。

ハンドマッサージを体験

今回利用したのは\8,000の1時間1セットのハンドマッサージ。

 

お店の人に教えてもらったのですが、手のひらには内蔵などの働きに影響を及ぼす30ほどのツボが集まっているそうです。

 

手のひらだけでそれほどの数があるということは、手の甲を集まればもっと。

この事実を見ても、手のマッサージが身体にとって良い影響を与えることがよく分かります。

 

幸福ホルモンのオキシトシンの分泌を促すのはスキンシップなど、人同士の接触が効果的です。

 

なかでもハンドマッサージ、手に触れて、ケアすることが、オキシトシン分泌に最も効果的と言われているそうです。

 

実際に体験してみると、確かにホットするというか、手だけでなく

身体的に癒やされているというか、普段の日常生活ではあまり経験しないような

何とも言えない安心感がありました。

 

考えてみれば、大人になると自分の手をマッサージしてもらうことや、ケアしてもらう機会など、ほとんどありません。よほど親しい恋人とデートすれば、手を繋いだりすることはあります。また、ネイルサロンなどにいけば、指先のケアなどをしてくれることもあります。

 

それでも、手、全体を自分以外の人に、丁寧にマッサージして貰う機会は、普通の日常生活を送っている人は経験することがないのです。

 

しかしながら、まだ物心がつかない子供などを見てみると、母親と手を繋ぎたがります。

手と手で触れ合うことで本能的な安心感を得たいと思うのです。

 

 

担当の方に手の皮膚をやさしく、ゆっくり、柔らかく丁寧にオイルを手に馴染ませてもらいました。やはり、プロの手つきというか、包み込むように肌に触れることで、フッと身体の緊張が解けたような気がします。

 

友達や家族に同じようにマッサージしてもらうように頼んでも、同じようには出来ないと思います。私の手に触れる手が、とても柔軟に動くこと。気が付くと、手だけでなく、全身がほんわかと暖かくなっていることに気づきました。

 

店舗へのアクセス

そして、仕事帰りの夕方。店舗は、新宿駅の南口を降りて近くの場所にありました。

駅を降りてすぐの場所にあるのも、嬉しいところです。

 

アクセスしやすいというメリットは、特にマッサージなどのサービスを受けた帰りがけに感じます。仕事帰りには特に、身体をリラックスさせた後、家に帰って、のんびりしたいものです。翌朝、仕事だったとしても、駅から近ければ、家でゆっくり休むことが出来ます。

 

賑わう新宿駅。店舗は家電量販店のヤマダ電機とソフマップの間にあるビルの4Fにありました。

 

新宿には何度も来たことがあるけれど、南口近辺はいつも通り過ぎるだけ。

こんな場所に店舗があったのだと新しい発見をした気分でした。

 

緊張しながら扉を開けて見ました。そして、お店に足を踏み入れてみると、緊張して張り詰めていた気持ちが緩みました。

 

受付の女性の朗らかな笑顔にホッとして、我が家に帰った時のような安心感。

長い間親しい友達の家に久しぶりに遊びに来たような親密なムードがありました。

 

店内は温かい色調の間接照明で暖かく照らされていて、所々に観葉植物が置かれ、癒やしムードに満ちていました。落ち着いた雰囲気の木のテーブルや、ヨーロッパ調のレンガ調の壁面。

 

予約したおいたおかげで待ち時間はほとんどありませんでした。前のお客さんの施術が終わったようで、待合室からすぐに別の部屋に通してもらいました。