カルナーキュアについて知る

そんな時にカルナーキュアと出会いました。

 

インターネットで自分と同じような症状を解消してくれるようなサービスを探している時でした。カルナーキュアが提供しているハンドセラピーについて知ったのです。

 

また「オキシトシン」というホルモンや「スウェディッシュマッサージ」について知ったのもこの時でした。

「オキシトシン」は“幸福ホルモン”あるいは“愛情ホルモン”と呼ばれるそうです。

 

調べてみると色々なことがわかりました。なんでも「飼い主とペットが触れ合うことで、双方ともオキシトシンが分泌される」という研究チームによる論文が筑波大学より発表され、アメリカの『サイエンス』誌に掲載されました。今年4月以降、このこときっかけにオキシトシンの名前は脚光を浴びたそうです。

 

人同士の簡単なスキンシップやボディタッチなどでも分泌されると言われるオキシトシンは、心身のバランスや、ストレス耐性などに影響するという性質を持っています。オキシトシンの分泌が活性化すると、幸福な気分をもたらせると共に、脳や」心が癒されて、ストレスが緩和します。

また、抱えている不安や恐怖心が減少して、自分以外の他者を信頼する気持ちが増します。

 

セロトニンが持っている効能に加えて、他者との関わりついての気持ちが前向きになることまた、特に肉体的な接触がホルモン分泌に関わっていることが、オキシトシンの特徴のうようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です